相  月
 山間の無人駅ですが、比較的幅の広い片面ホームに、密閉型の大きめの待合いがあるのが特徴です。
ホームから階段を下りた県道脇に、佐久間町観光トイレがあります。

 広いホーム上に、ガラス窓や扉で締め切れる大型の待合いがあります。
 これが駅の下ある「佐久間町観光トイレ」です。駅の施設ではなく、佐久間町が作ったトイレです。
 ここ以外にも佐久間町内に何カ所か設置されています。
 作りもいかにも間に合わせと言った感じではなく、大変綺麗で、しかも清掃が行き届いています。おそらく建設にも維持にも経費がかかっているでしょう。
 トイレもない無人駅が多い中で、大変好感が持てます。
  →
 駅全景です。大きな待合いは飯田線にしては珍しく全面や側面の壁にも大きな窓が付けられています。待合いの裏に県道に降りる階段があります。