本 長 篠
 昭和43年まで、この駅から田口方面に田口線が出ていました。その名残は現在も下りホームの先端から左方向に緩くカーブしながら上って行くスロープの跡としてかろうじて残っています。
 列車交換が出来る大きな駅ですが、町の中心はかなり離れたところにあり駅の周りはそれほど開けてはいません。
 スタンプの図案が二重の枠でくくられていないので、比較的近年になって作られたものではないかと推察されます。
紅葉の名所、鳳来寺山とぶっぽうそうがデザインされています。鳳来山行きのバスは駅のすぐそばから出ています。
左上 駅舎正面です。駅前が狭いので引いた写真が撮れませんでした。

右上 ホームから見た駅舎の裏側です。現在も駅員が配置された有人駅で、そのせいか駅に活気があります。

左下 駅にある案内看板
 本長篠は蓬莱山への玄関口になっています。
きれいに維持された駅舎待合い。有人駅は管理が行き届いています。
田口鉄道の遺構
 ホームの飯田寄りから先を見ると左手に緩やかにカーブしていくスロープ(左写真の赤い矢印)が見えます。これがかつてここから田口方面に延びていた「田口鉄道」の線路跡だそうです。右の写真はその部分のアップ。
 現在はバスに転換されていますが、旧路線跡には橋梁跡などが未だに残っているようです。