市  田
 秋になるとスーパーなどの店先に並ぶ小振りの干し柿「市田柿」の産地の駅です。季節には家々の軒先にオレンジ色の柿すだれが掛かります。昔は天竜舟下りの始発港があったのですが、ダムによる川底の上昇で流れが緩やかになり廃止されました。それに伴い川下りがデザインされていた駅のスタンプも実情に合わないとして撤去されたようです。現在の天竜舟下りは伊那八幡駅からタクシー利用の弁天港から出ています。
 これが市田柿ですね。秋にはスーパーや八百屋の店頭に並ぶので見た人も多いのではないでしょうか。
 コンクリート造り平屋の駅舎。現在も日中駅員配置があります。かつて待合いスペースにはキヨスクがありましたが、(下写真の囲いのあたり)現在はきれいに根こそぎ無くなっています。