三河一宮
 飯田線には「三河○○」と三河の付く駅が5駅ありますがその最初の駅です。周囲はまだ住宅地ですが、このあたりからいよいよローカル線の風情が高まってきます。駅そのものは近くにある「三河の國第一の宮、砥鹿(とが)神社」の建物を意識した作りで、お宮さん風になっています。
 この駅のホームは上り下りのそれぞれのホームが列車の先頭部分をつき合わせるようにして食い違って配置されています。かつてのタブレット交換の便宜を図った名残かもしれません。