上 市 場
 片面のみのホームに開放型の待合いが一つあるだけの駅です。すぐ近くの鉄橋が列車の撮影名所になっているので、珍しい編成の列車が走る時には三脚が林立する光景が見られました。この駅と一駅前の出馬駅の間が飯田線内では一番間隔が短く、僅かに600メートルしかありません。何でこんな山の中で人口が少ない上に容易に徒歩移動できるような場所に駅が並んでいるのか?不思議ですね。

 駅にはホームの両端に2カ所の出入り口がありますが、その内の一つは、このように道からの入り口が石段と鳥居になっています。実は線路を越えてずっと先に神社があり、その参道です。つまり参道を後から飯田線が横切ったわけです。
 →
 これは少し前の待合室の写真です。鳥居のある方の出入り口はこの写真ではホーム右手の奥になります。
 ←
 これが2009年GWの待合室の写真です。横側の壁にあった入り口のような空間に、耐震補強用の筋交いが入っています。
 →
 鉄橋脇の土手から撮った119系。ここにトロッコファミリー号が走っていた時には撮影者がひしめき合っていました。
 今はもう訪れる人も少なくなりました。