毛  賀
 まだ建て替えられていない古くからの木造の待合いが残っている駅です。
 開放型の待合いと並んだトイレです。ホームの幅も狭くローカル感むき出しですね。
 駅名板の後ろの赤い花は百日紅(さるすべり)です。鶯巣の駅にも咲いていましたが、その名の通り紅色の綺麗な花を長く楽しめます。
 ホームの端に入り口と踏切。その向こうに中学校のプールがあり、夏には元気に泳ぐ中学生の涼しげな姿を見ることもあります。