向 市 場         
 深い山の中を走ってきた飯田線が、久しぶりに大きな町、水窪に出会います。その入り口というか町はずれにあたる無人駅で、狭い片面ホームとブロック造りの待合いがあります。進行方向左側の眼下に、川が流れていて眺めがいいです。