長  山
 鉄道関係の書籍でもたびたび紹介されていたメルヘン調の瀟洒な駅舎のある駅でしたが、最近になり流行のコンクリート製の小振りの駅に建て替えられました。
 ホームにあった大きな桜の木も切られ、何か味気ない駅になりました。
 ホーム側から見た旧駅舎です。日が落ちてから撮った写真なので分かりにくいですね。急な傾斜のスレート瓦の屋根がかわいらしいデザインです。
 屋根だけでなく駅舎の内外に凝った意匠を見ることができました。
 立て替えられた駅舎です。コンクリート打ちっ放しで、向かって右側が密閉できない待合いスペースになっています。
 駅舎とは別棟で新築された駅のトイレです。
周囲には無造作に自転車が置かれています。