下 川 合
 片面利用の島式ホームの無人駅です。かつては木造平屋の大きな駅舎があり、無人のため自転車置き場として利用されていましたが、そっくり取り壊されて今は土台が残るのみです。また、使われていない側のホーム片面には草に埋もれた線路が残っていますので、昔は列車交換(上下線の行き違い)などしていたのかもしれません。
 川の対岸にある七福神の最寄り駅ですが、特別お寺巡りが好きな人でもない限り降りる機会は少ないですね。
 開放型待合いがあるホーム(左)と取り壊された駅舎跡の土台(上)です。奥に見える小屋は残された駅のトイレです。
 ホームに上がる階段や、金属製の手すりは最近改修されたもで、前は手すりは全くありませんでした。ホームの左側には今もさびたレールが残っていて、廃線跡のような風情でしたが・・

 駅を出て川沿いに右に折れ、すぐにある橋の下あたりが、地元の小学校指定の水遊び場として整備されています。夏の暑い時期は川に降りて涼むのもいいですね。