為  栗
 駅前が川と言うかダム湖で大きな釣り橋が架かっている駅です。川の対岸の吊り橋の脇までなら車が入れます。
駅の周りには民家が1軒しかありませんが、吊り橋を渡り1q程歩くと喫茶店があり、その先にはキャンプ場などが整備されています。
 湾曲した片面のみのホーム、開放型の小さな待合いがあるだけの駅です。
 駅から見える吊り橋です。駅からの唯一の出口でもあり、これを渡ってしばらく歩くと国道に出ます。
 ホームから見えるトンネル、番号を見ると80番ですね。
 駅前にある看板ですが何か変?元々何か書いてあった左右をはずしてあるのです。
 けっこう幅のある吊り橋ですね。昔軽トラックが渡っているのを見たことがあります。それは保線関係の車両だったかもしれません。もちろん一般車は通行禁止です。
 これが吊り橋を渡り12分程歩くとある「ふるさと味覚小屋」です。日中は喫茶や簡単な食事がとれます。夜はお酒なんかもあるようです。

 ここでコーヒーを頼んだら、ピーナッツの小袋が付いてきました。これが噂に聞いた名古屋の喫茶店の常識ですね。と言うことはこの辺は食文化としては名古屋圏なのでしょうか??
 
 さてさて、味覚小屋の脇にある大きな看板。これによると為栗駅前から屋形遊覧船が出ている?ようですが・・・・・これが上の写真で両側の何かが撤去された看板の正体ですね。今は屋形船はおろか船着き場もありません。
と言うか・・船や船着き場をそれなりに作っているのだけは見たことがあるのですが、観光運行しているのを見たことはついに一度もなかったのです。平岡駅なんかでパンフレット配ってたんですがねぇ〜。