山  吹
 駅名の通りホームに山吹が植えられている無人駅です。山吹の黄色い花が鄙びたよい風情です。
また、駅前の町は昔ながらの宿場町の風情が色濃く残っています。
駅の手前左側にある古びたコンクリートの建物は、大正時代に建てられた変電所で、撮影ポイントになっています。
 駅を見下ろす高台から撮った115系列車と変電所の建物です。駅はこの写真のもう少し左手になります。
 木造平屋建ての古い駅舎です。車がやっと1台通れるだけの狭い道沿いにありますが、駅は2面のホームをもち、列車交換の出来る広さがあります。

 町はその狭い道沿いにこぢんまりとあります。
駅前にあった酒屋は廃業して更地になっています。
左 上りホームにある開放型の待合室。

右 下りホームにある駅舎とは別棟のトイレ。
 山吹の小さな黄色いが咲くと、華やいだ駅になります。